活力鍋とおいしい生活

おためしキッチン

活力鍋

お食い初めでも活力なべは大活躍

更新日:

106

息子が生まれて100日。
関西ではお食い初めという儀式があります。

一汁三菜を家族で囲んで、赤ちゃんに食べるマネをします。
一生、食べるものに困らないようにという縁起かつぎです。

上の娘の時は、私の実家に帰って、お祝いしました。
主人の両親が、この秋の連休に遊びに来ていたので、
ちょっと手料理を頑張ってみました。
もちろん、活力なべはフル稼働です。

107

この時期、あまり安くは手に入らなかったのですが、
最近できた「おさかなやさん りん」というお店でお願いして、焼いてもらいました。
箱付で、1,300円です。

スーパーで見たら、生なら980円で売っていました。
でも、こういう風に美しくは焼けないですね。
うちのグリルは小さいし、入らない。
108

お赤飯は活力鍋で30分でできます。

筑前煮、紅白なます、えびのお吸い物は
アサヒ軽金属で購入した、本格おせち料理の本を見ながら、アレンジしつつ作りました。

前日にやっておくこと

  1. 紅白なますを作る。
  2. 筑前煮の材料を切って、冷蔵庫で保存しておく。
  3. エビはゆでて、冷蔵庫で保存しておく
  4. だしをとって、冷蔵庫で保存しておく。

当日やること

  1. 筑前煮を作る。
  2. おすいものを作る。
  3. 赤飯を炊く。

筑前煮は、赤飯を作るのに活力なべを使うので圧力がぬけしだい、
プリンセスなべに移して煮つめていく。

前日に、前準備ができていれば、1時間あれば、片づけまでできますよ~。
筑前煮は、前日に作っちゃっても大丈夫ですけどね。
何せ、お煮しめというのは、正月3日間、食べるものですから。

109
息子は、おじいちゃんに、食べさせてもらってました。
九州ではこういう風習がないそうで、驚きました。

次の赤飯は、娘の七五三かな~

GoogleAdsense




GoogleAdsense




-活力鍋
-

Copyright© おためしキッチン , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。