活力鍋とおいしい生活

おためしキッチン

活力なべのレシピ 活力鍋

活力鍋使い方:多層鍋としてご飯を炊いてみた

更新日:

我が家では、ご飯は圧力鍋で炊きます。
その名も、アサヒ軽金属のスーパー活力鍋。
関西の人はご存知だと思いますが、
1分でご飯が炊けるという、あの怪しい広告です。

商品がすばらしいだけに、あの不思議なCMと紙広告をセンスよくすれば
もう少し売れそうな気がするんですが。
「沸騰時間+弱火1分+圧力が抜ける時間」なので
実際には15分ほどかかります。

ただ、どうしても、水分が抜けなくて、少しべたつく気がします←水加減が多いのかしら?
以前、お友達の家で食べた土鍋ご飯がおいしかったんですが、あんなにうまく炊けません。
試しに、多層鍋として炊飯してみることにしました。

私のあやふやな記憶では、こんな感じ?
沸騰するまで中火→沸騰したら弱火で10分→10分以上蒸らす
1.沸騰するまで中火

001

スーパー活力鍋に標準でついているガラスフタを使いました。

2.弱火にして10分。キッチンタイマーを忘れずに。

002

すごい泡立ちですが、決してあけてはいけません。
別にせっけんとかは入っていませんのでご安心を(笑)
ガラス蓋だと中が見えるので面白いですね。

003

沸騰して5分くらいすると、少し落ち着いてきました。
キッチンタイマーがなってから、30秒ほど強火にするとお焦げができます。
私は小心者だったので、ちょっと短めにしたら少ししかできませんでした。

4.火を止めて、15分間、蒸らす。

004

圧力鍋で炊くより、水分が飛んでいる分、ちょっぴり固めで、
それなりに、おいしいのですが、何かが足りないような。何だろう。
水分、飛びすぎ?

火にかける時間が圧力鍋で炊くよりは時間がかかるので省エネではないですね。
うーん、マジメに圧力鍋でおいしく炊けるように努力しようかな。

GoogleAdsense




GoogleAdsense




-活力なべのレシピ, 活力鍋
-

Copyright© おためしキッチン , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。