活力鍋とおいしい生活

おためしキッチン

ショップ

嵐山 琴きき茶屋~江戸時代から伝わる桜餅~

投稿日:

嵐山の渡月橋のたもとにある、琴きき茶屋
江戸時代に、桜の名所でもある車折神社の境内の茶店が発祥。
昭和になってから、嵐山になったそうです。

学生時代に、行った時は店員さんには、
「おばちゃん」と「若い男の子」しかいなくて
すごく印象的だったのですが。
今はそんなことはありませんでした。

残念。

以前は本当に「茶屋」という規模の小さめのお店でしたが、
ちょっと立派になっていて、「食堂」くらいになってましたね。
名物は、桜餅

一般的な関西の桜餅は、あんこを包んだ、
ピンクの道明寺を、塩漬けされた大島桜で
はさんであります。

↓こんな風に

琴きき茶屋の、桜餅は一風、変わっています。

581

桜餅とお抹茶のセットです。お値段は600円です。
なぜか、2種類のお餅が二つです。
道明寺を包んだあんころ餅(まるで赤福)と、
桜の塩漬けではさんだ真っ白な道明寺。

初めて食べる方は、びっくりされると思います。
かくいう私も、いつも、どう食べるか悩みます。

あんころ餅をかじってから、桜餅を食べればいいのか。
一品ずつ楽しめばいいのか。
どっちでもいいんでしょうけどね~
嵐山に行く機会があれば、是非、琴きき茶屋の桜餅は
はずさないでくださいね~

そういえば東京で桜餅を食べた時も驚きました。

↑道明寺じゃなくて、クレープ状に焼かれた皮に
あんこをまいているんですよ!

これは衝撃的でしたね・・・・

琴きき茶屋 (甘味処 / 嵐山、嵐電嵯峨、トロッコ嵯峨)
★★★☆☆ 3.5

GoogleAdsense




GoogleAdsense




-ショップ
-,

Copyright© おためしキッチン , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。