活力鍋とおいしい生活

おためしキッチン

活力鍋

うなぎ丼の作り方~二段調理の裏技シリーズ~

投稿日:

うなぎの蒲焼なんて、めったに購入しないのですが、
業務スーパーで、ちょっぴり安かったので食べたくなりました。

うなぎの蒲焼の温め方、いろいろあると思います。
「とにかくお手軽」なら、お酒をかけてから、電子レンジでチン。
「カリッ」としたのがお好みなら、お酒をかけてから、
グリルでちょっとだけ焼く

「ふっくら」させるなら、活力鍋の登場です。
活力鍋に水を200ccを入れて、蒸し皿にうなぎを置いて
加圧0分。

急いでいるなら急冷してもいいですが、私は圧力が抜けるまで
放置します。

さて、この間、買ってきたとき、あいにく、冷凍ご飯が
ありませんでした。
活力鍋でご飯を炊いてから、うなぎを温めると時間が
ちょっとかかるな~と思って、思いついたのが二段調理。

スーパー活力鍋は、深さが無いので本当は二段調理できません。
ですので、これは裏技なので、お気をつけくださいね。
------------------------------------
材料
------------------------------------
うなぎの蒲焼
ご飯  3合
水 600cc
------------------------------------
作り方
------------------------------------
1.ご飯を研いで、活力鍋にセットする。
お水も600ccも入れる。

2.うなぎを適当なサイズに切り分け、アルミホイルに包む。
アルミホイルを、そのままご飯の上に置く。

3.活力鍋のふたをとじて、高圧にセットして強火にかける。
おもりが回りだしたら、弱火にして1分間、加圧して火を消す。

4.圧力が抜けたら、ふたを開ける。
050
うなぎを取り出す。
さらにご飯を、丼によそう。うなぎを乗せて、たれをかけて完成!

うなぎを取り出すとき、すごくジューシーになっていて、
ご飯に、うなぎのたれがこぼれちゃいます。

051

結局、ご飯にたれをかけて食べるから、私は気にしませんが、
気になる方はまねなさらないよう・・・

アルミホイル、意外と米粒はひっつきません。
まぁ、あんまり正しい使い方だとは思えないので、ご参考までに♪

blogram投票ボタン
↑邪道だよ~と思われた方も、是非、ポチっと願います。

GoogleAdsense




GoogleAdsense




-活力鍋
-,

Copyright© おためしキッチン , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。